2018年2月13日のFX為替相場予想

2018年2月13日のFX為替相場予想

斉藤  学    | 2018年02月13日 07:39

提供:よく当たるFX為替レート予想のブログ

【本日の予想通貨ペア】(欧州時間まで)

豪ドルドル 0.7852 上昇 (4時間足)↑
予想レンジ 0.7820~0.7900


【THV V4による分析】

上昇トレンドが継続しています。
特に変更はありません。



THV V4の詳しい利用方法はこちらをご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前日の概要】
─────────────────────

NYダウは+330ドル高、東京市場は建国記念日の振替休日で休場でした。

ドル円は上値が重く108円台半ばへ下落、ドルストレートの上昇によりクロス円は下げ渋っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【前日の結果】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ダウ平均・・・・24600.99(+410.09 +1.70%)
・日経平均・・・・21630(+375 +1.76%)
・NY金先物・・・・1326.40(+10.70 +0.81%)
・NY原油先物・・59.29(+0.09 +0.15%)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【経済指標】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京休場(建国記念日の振替休日)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本日の戦略】
─────────────────────

★━ ポイント ━━━━━━━━━━━
△強気材料:NYダウの大幅続伸
▽弱気材料:戻り売り圧力
◆ドル円は108.60円台へ下落
◆クロス円はやや下げ渋り
◆米10年債利回りは2.855%へ上昇
◆ドルストレートはユーロ中心に買われる
◆米国株は全面高
◆欧州株は+1%超の全面高
◆原油は60ドル台が重い
◆金は+10ドルほど反発
◆9時30分に豪1月NAB企業信頼感が発表
◆18時30分に英1月CPI・PPIなどが発表
◆日経平均先物は+255円高の21638円と反発
☆買い一巡後は戻り売り優勢と予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<NYダウが大幅続伸するも、ドル円は伸び悩み>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨晩のNYダウは買戻しが続き、+410ドル高と大幅続伸しました。

しかし、ドル円は朝方高値の108.91円から一時108.44円まで下落、上値の重い状態が続いています。

早朝のトランプ大統領による予算教書では、国防費の増額や「メキシコ国境の壁」費用で財政赤字が大幅拡大する懸念が生じたほか、盛り込まれているインフラ投資も議会を通過できるか不透明なため、ドルへの売り圧力となった様子。

一方、ユーロを中心にドルストレートが再び上昇しており、クロス円はやや下げ渋りました。

米10年債利回りは2.855%へ上昇、急激に上昇した場合はリスク回避の動きにつながるので、しばらくは注意が必要です。

▼米10年債利回り



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<商品相場も反発>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式市場同様、商品市場も反発しました。

原油は一時60ドル台後半まで上昇、金も+10ドルほど上昇しています。

ただ、米利回りの上昇や原油在庫増で株式市場ほど勢いはなく、来月のドル追加利上げを控えるなか、買い一巡後は再び売りに押されると予想します。

そうなれば、現在反発している資源国通貨が再び売られることになるため、今後の動向を確認したいところ。

▼原油(日足)


▼金(日足)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ドル円 オーダー状況>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

111.00円 売り、OP16日NYカット
110.90円 OP14日NYカット
110.50-60円 断続的に売り(110.50円 OP15日NYカット)
110.30円 売り
110.00円 売り
109.70円 売り
109.20-50円 断続的に売り
109.00円 売り

108.69円 2/13 3:53現在(高値108.94円 - 安値108.44円)

108.25円 買い、OP13日NYカット
108.00円 買い厚め・割り込むとストップロス売り
107.50円 買い
107.00円 OP15日NYカット


日経平均先物は、時間外で+255円高の21638円と反発しました。

しかし、連騰したNYダウほどは上昇しておらず、高値では戻り売りに押されると思われます。

ドル円の下値は108.40円がサポートライン、あまり買い注文が貯まっていないため、下抜けした場合は注意が必要でしょう。

上値は109.00円がレジスタンスライン、引き続き108円台での値動きが続くと予想します。

▼ドル円板情報



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【経済指標】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★★★
09:30 (豪) 1月NAB企業信頼感
前回:11 予想:-
★★★
18:30 (英) 1月消費者物価指数 (前年比)
前回:+3.0% 予想:+2.9%
★★★
18:30 (英) 1月小売物価指数 (前月比)
前回:+0.8% 予想:-0.7%
★★★
18:30 (英) 1月小売物価指数 (前年比)
前回:+4.1% 予想:+4.1%
★★★
18:30 (英) 1月生産者物価指数 (前年比)
前回:+3.3% 予想:+3.0%



斉藤  学  

関連記事

最新のコメント

コメントを加える。
1分待ってから再度コメントしてください。
議論
お答えください...
1分待ってから再度コメントしてください。

Fusion Media Limitedは、データ、為替レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。金融市場での取引に関連したリスクやコストは、最も危険な投資形態のひとつである可能性があることを十分にご理解いただきますようお願い申し上げます。差益通貨取引は高いリスクを伴い、全ての投資家・投機家の方々に適しているというわけではありません。他のいかなる金融投資または外国為替証拠金取引をご決断される前に、ご自身の投資目的やご経験値、リスク等をよく考慮した上で、ご自分の責任とご判断にて取引をされるようお願いいたします。
Fusion Media Limitedは、このウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確であるというわけではないということを念の為申し上げます。株価、指標、先物、外国為替証拠金取引の価格等の全データは、取引所から提供されているわけではなく、マーケットメーカーにより提供されております。その為、値が正確ではなく、実際の市場価格とは異なる可能性があります。つまり、気配値であり、取引目的には適さない可能性があることを意味します。したがって、Fusion Media Limitedは、弊社のデータを利用した結果負う可能性のある、いかなる取引損失に対して一切の責任も負わないものとします。 このドキュメントの英語版は、統治のバージョンであり英語版と他のバージョンの間に不一致がある時にこれを優先とするものです。

English (USA) English (UK) English (India) English (Canada) English (Australia) English (South Africa) Deutsch Español (España) Español (México) Français Italiano Nederlands Português (Portugal) Polski Português (Brasil) Русский Türkçe ‏العربية‏ Ελληνικά Svenska Suomi עברית 한국어 中文 香港 Bahasa Indonesia Bahasa Melayu ไทย Tiếng Việt
ログアウト
本当にログアウトしますか?
いいえあり
キャンセルあり
変更を保存

+