米国株投資先を配当利回りで5グループに区分してみた

米国株投資先を配当利回りで5グループに区分してみた

エル  | 2020年07月08日 12:07

単なるお遊びなんですが、私が現在投資している米国株(一部ADR含む)(米国株ポートフォリオ(2020/6/30現在))について、「こんなものかなぁ」という独断・フィーリングで配当利回りに基づいて大きく5つのグループに区分してみました。

グループの定義

無配

文字通り、配当を出していない銘柄です。1銘柄除いて元から配当を出していません。配当するよりも資金を成長への投資に回している企業群です。

低配当

市場平均(1%台後半)と比べて低い銘柄群です。無配同様に、ITなど成長銘柄が多いです。

ノーマル

S&P500に連動するVOOの利回りが1.87%、VTIが1.84%だったので、この水準を基準にしました。2%前後の銘柄はノーマルとしました。

やや高配当

概ね2.5%〜3%程度の銘柄はここに区分しました。

高配当

概ね4%以上の銘柄群です。一部、新型コロナウイルスによる業績の影響や政府の規制により減配となっている銘柄もありますが、一時的な要因はあまり気にせず「本来の位置がどこか」を勘案して区分しました。

エルの投資銘柄での区分結果

無配(10銘柄)

アマゾン・ドット・コム (NASDAQ:AMZN)、アルファベット (NASDAQ:GOOG)、フェイスブック (NASDAQ:FB)、バークシャー・ハサウェイ (NYSE:BRKb)、ネットフリックス (NASDAQ:NFLX)、セールスフォース (NYSE:CRM)、アドビ (NASDAQ:ADBE)、インテュイティブ・サージカル (NASDAQ:ISRG)、アリババ(NYSE:BABA)、ボーイング(NYSE:BA)(無配転落)

低配当(13銘柄)

マイクロソフト (NASDAQ:MSFT)、ビザ (NYSE:V)、マスターカード (NYSE:MA)、アップル (NASDAQ:AAPL)、ナイキ (NYSE:NKE)、チャーチ・アンド・ドワイト (NYSE:CHD)、マコーミック (NYSE:MKC)、シャーウィン・ウイリアムズ (NYSE:SHW)、ダラー・ゼネラル (NYSE:DG)、ドミノ・ピザ (NYSE:DPZ)、S&Pグローバル(SA:SPGI34)、コストコ (NASDAQ:COST)、ウォルト・ディズニー (NYSE:DIS)

ノーマル(12銘柄)

バンガード・米国増配株式ETF、ユニオン・パシフィック (SA:UPAC34)、ウォルマート (NYSE:WMT)、CMEグループ (NASDAQ:CME)、クロロックス (NYSE:CLX)、ユナイテッドヘルス・グループ (NYSE:UNH)、アクセンチュア (NYSE:ACN)、スターバックス (NASDAQ:SBUX)、イーライリリー (NYSE:LLY)、ホーメル・フーズ、アボット・ラボラトリーズ (NYSE:ABT)、クローガー (NYSE:KR)

やや高配当(21銘柄)

スリーエム(NYSE:MMM)、ジョンソン&ジョンソン (NYSE:JNJ)、コカ・コーラ (NYSE:KO)、ホーム・デポ (NYSE:HD)、P&G(NYSE:PG)、メルク (NYSE:MRK)、ロッキード・マーチン (NYSE:LMT)、マクドナルド (NYSE:MCD)、ペプシコ (NASDAQ:PEP)、シスコシステムズ (NASDAQ:CSCO)、ユニリーバ (NYSE:UN)、ブラックロック (NYSE:BLK)、テキサス・インストルメンツ(NASDAQ:TXN)、コルゲート・パルモリーブ (NYSE:CL)、ゼネラル・ダイナミクス (NYSE:GD)、オートマチック・データ・プロセシング (NASDAQ:ADP)、クアルコム (NASDAQ:QCOM)、レイセオン・テクノロジーズ (NYSE:RTX)、シスコ (NYSE:SYY)、イリノイズ・ツール・アンド・ワークス (NYSE:ITW)、SPDR ダウ工業株平均 ETF

高配当(14銘柄)

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ET、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス (NASDAQ:WBA)、フィリップモリス(NYSE:PM)、アルトリア・グループ (NYSE:MO)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ  (NYSE:BTI)、シェブロン (NYSE:CVX)、ロイヤル・ダッチ・シェル (NYSE:RDSa)、エクソン・モービル (NYSE:XOM)、ベライゾン・コミュニケーションズ (NYSE:VZ)、AT&T (NYSE:T)、アッヴィ (NYSE:ABBV)、ギリアド・サイエンシズ (NASDAQ:GILD)、JPモルガン・チェース (NYSE:JPM)、ウェルズ・ファーゴ (NYSE:WFC)

コメント

・現在の組入トップであるアマゾン(NASDAQ:AMZN)は無配。その他現在の米国の株式市場において時価総額が大きな銘柄は、無配もしくは低配当が多く、改めて全体的にまだまだ成長に資金を振り向けている企業が米国の中心を占めていることが、この様な簡単な作業を通しても分かりました。
・上記の通り、私の投資先は無配企業ばかりでもなく、また高配当企業ばかりでもなく、バランス良く投資しているつもりです。強いて言えば、やや高配当の企業群への投資ウエイトが厚めと言えるでしょうか。
・なお、今後、毎月の入金状況はこちら(【米国株・債券】配当金(年別・月別推移))の記事に追記していきます。

I hope you like it.

エル

関連記事

最新のコメント

コメントを書く
1分待ってから再度コメントしてください。
議論
お答えください...
1分待ってから再度コメントしてください。

金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

English (USA) English (UK) English (India) English (Canada) English (Australia) English (South Africa) English (Philippines) English (Nigeria) Deutsch Español (España) Español (México) Français Italiano Nederlands Português (Portugal) Polski Português (Brasil) Русский Türkçe ‏العربية‏ Ελληνικά Svenska Suomi עברית 한국어 简体中文 繁體中文 Bahasa Indonesia Bahasa Melayu ไทย Tiếng Việt हिंदी
ログアウト
本当にログアウトしますか?
いいえあり
キャンセルあり
変更を保存

+

Investing.com アプリをインストール

無料で5万以上の株式、指数、為替、商品先物、債券市場のデータをリアルタイムで配信し、チャートやアラートなど様々な機能を提供しております Investing.comアプリでより快適にご利用ください

Investing.comアプリで快適にご利用になれます!

5万以上の金融商品のデータをリアルタイムでご覧になれます より快適にご利用いただくためにアプリをインストールしてください