日経平均は冴えない展開に!? 今週の相場見通し

日経平均は冴えない展開に!? 今週の相場見通し

Pyxis JeanPierre  | 2020年11月22日 07:04


☆ 株式相場展望 -週報- ☆  2020/11/22(日)

YouTubeチャンネル登録お願いします!!
→ https://www.youtube.com/channel/UC36XCg3KKob0GaT7krqdOnw/

☆ 来週の相場見通し

☆ 米国市場

 先週の米国市場は引き続き新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことなどが嫌気されて上値の重い展開となった。グロース株=買われすぎ銘柄からバリュー株=売られすぎ銘柄への資金シフトが進み、週初はダウ平均が2月の高値を上回り、3万ドルまであと一歩という水準まで上昇、過去最高値更新となったが、その後は新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことなどもあって冴えない展開となった。4年前の大統領選挙の記憶もあり、売り急ぐということはないのだが、発表される経済指標もまちまちとなるなど、景気回復がはっきりと示されているわけでもなく、追加経済対策も政権移行がスムーズに進んでいないことなどもあって先が見えず、買えない状況が続いている。

 今週の米国市場はサンクスギビング(感謝祭)の休暇ということでもあり、手仕舞い売りに押されるものが多くなりそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないなかでクリスマス商戦もネット販売は期待されるものの想定以上の盛り上がりも期待できず、買い急ぐようなことはないだろう。上値の重さが確認されると手仕舞い売りを急ぐような動きも出てきそうで、大きく下押すこともあるだろう。クリスマス商戦が好調だとか、新型コロナウイルスの感染拡大が一服するようなことがないと冴えない展開が続くのだろう。新型コロナウイルスのワクチンの早期承認は期待されるものの、ある程度市場では織り込んでおり、買い材料とはならないだろう。

 今週は月曜日にシカゴ連銀活動指数が発表され、火曜日はS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数やFHFA住宅価格指数、消費者信頼感指数が発表になる。水曜日は耐久財受注やGDO(国内総生産)改定値や新規失業保険申請件数、個人消費支出・個人所得、新築住宅販売が発表される。木曜日はサンクスギビングデーで休場となり、金曜日はシカゴ購買部協会景気指数が発表されるが、株式市場などは短縮取引となる。

☆ 日本市場

 先週の日本市場は米国株高に反応して上値を試す動きも見られたが、日経平均が26,000円の大台に乗せたことでの達成感や新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことなどが嫌気されて手仕舞い売りに押され週末にかけて冴えない展開となった。空売りの買戻しなども多く、下期業績のV字回復を期待する動きや予想を上回る決算や強気見通しに反応して下げ渋りとはなったものの、冴えない展開が続いた。これまで買われすぎた日経平均に影響の大きな銘柄の一角が軟調となり、売られすぎたバリュー株が買われる流れも見られ、TOPIXは値持ちのいい展開となった。

 今週は週末の「GoToキャンペーン」見直しの動きなど新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する動きから売り先行となりそうだ。週末の夜間取引では日経平均先物が買われたが、持ち高調整の買戻しとみられ、特に買い上がる材料はないと思う。まだまだ空売りが積み上がっているものが多いことや、指数が下げ渋っていることから値持ちのいい展開も期待されるが、買われすぎ銘柄の買戻し一巡となったものから大きく売られるということになるのだろう。

 月曜日が勤労感謝の日で休場となるので、米国市場次第ということになるのだろうが、さすがに新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないなかでは経済的な影響も否めず、冴えない展開となると思われる。日経平均に影響の大きな銘柄はまだまだ買われすぎている銘柄も多く、いったん下落が始まると大きな調整となる可能性もありそうだ。

 今週は月曜日は勤労感謝の日で休場となる。火曜日は国内粗鋼生産や百貨店売上高が発表され、水曜日は毎月勤労統計や企業サービス価格指数が発表される。木曜日は景気動向指数やスーパー売上高、工作機械受注が発表される。週末金曜日は都区部消費者物価指数(CPI)や貿易収支が発表になる。

☆ 一目均衡表 テクニカル分析

・NYダウ
 高値を付けたあと「三川」の」ような形で崩れ始めている。29,000ドルでサポートされるかどうかということであり、この水準を割り込むと25日移動平均線や基準線、あるいは75日移動平均線の水準まで一気に調整となるのだろう。
 予想レンジ  28,000ドル~29,500ドル
 → http://s-pyxis.com/weekly/ny.png

・ナスダック指数
 高値圏での保ち合いが続いているが、いったん25日移動平均線や基準線、あるいは雲や75日移動平均線などの水準まで調整がみられるのではないかと思う。
 予想レンジ  11,400pt~12,000pt
 → http://s-pyxis.com/weekly/nas.png

・日経平均
 酒田五法で言うところの「三川」の形からの調整が続いている。まずは25日移動平均線や基準線までの調整となるのだろう。
 予想レンジ  24,500円~25,700円
 → http://s-pyxis.com/weekly/nk.png

・日経ジャスダック平均
75日移動平均線にサポートされ25日移動平均線や基準線に上値を押さえられる展開となっている。この保ち合い(もちあい)をどちらに放れるかということなのだろうが、下値を試す動きになると思う。
 予想レンジ  3,500円~3,600円
 → http://s-pyxis.com/weekly/jas.png

・ドル円
 下値を試す動きが続いている。さすがに103円台では下げ渋りとなっているが、ドル買いを急ぐということでもないのだろうから、下値模索が続くのだろう。
 予想レンジ  103.0円~104.8円
 → http://s-pyxis.com/weekly/dy.png日経平均(週足)

Pyxis JeanPierre

関連記事

最新のコメント

コメントを書く
1分待ってから再度コメントしてください。
議論
お答えください...
1分待ってから再度コメントしてください。

金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

English (USA) English (UK) English (India) English (Canada) English (Australia) English (South Africa) English (Philippines) English (Nigeria) Deutsch Español (España) Español (México) Français Italiano Nederlands Português (Portugal) Polski Português (Brasil) Русский Türkçe ‏العربية‏ Ελληνικά Svenska Suomi עברית 한국어 简体中文 繁體中文 Bahasa Indonesia Bahasa Melayu ไทย Tiếng Việt हिंदी
ログアウト
本当にログアウトしますか?
いいえあり
キャンセルあり
変更を保存

+

Investing.com アプリをインストール

無料で5万以上の株式、指数、為替、商品先物、債券市場のデータをリアルタイムで配信し、チャートやアラートなど様々な機能を提供しております Investing.comアプリでより快適にご利用ください

Investing.comアプリで快適にご利用になれます!

5万以上の金融商品のデータをリアルタイムでご覧になれます より快適にご利用いただくためにアプリをインストールしてください

';