米ドル横ばい、FOMC議事要旨公表も

米ドル横ばい、FOMC議事要旨公表も

Investing.com  | 2019年08月22日 17:50

米ドル横ばい、FOMC議事要旨公表も

22日、米ドルは横ばいとなっている。投資家の関心は、21日公表された7月FOMC議事要旨に向けられている。

FOMC議事要旨では、7月利下げは米中貿易戦争や伸び悩むインフレ率への対策として実施されたことが明らかとなった。またジェローム・パウエルFRB議長は23日にジャクソンホールにて講演を行う予定で、先週起こった米国債の逆イールドに対しどのようなコメントを残すのかに注目が集まっている。

一方トランプ米大統領は100ベーシスポイントの利下げが必要であることを述べ、FRBが米国経済において唯一の逆風であると主張した。

トランプ氏は自身のツイッターにて以下のように主張している。

「中国をはじめとして貿易交渉は好調に推移している。しかし唯一の懸念点はジェローム・パウエル氏とFRBだ。彼はパターのできないゴルファーのようなものだ。大幅利下げを彼が決断すれば米国は大きく成長するだろうが、あまり彼に期待してはならない」

また17時00分時点で、ドルインデックスは0.12%安の98.058をつけている。

GBP/USDは小幅安となっている。仏大統領府高官は、ボリス・ジョンソン英首相がバックストップ条項の削除を要求している今、「合意なき離脱」が最も考えられるシナリオだと述べている。

ジョンソン氏は20日にバックストップ条項の削除をEUに求めている。バックストップ条項とは、英国がEUを離脱した後もアイルランド国境を現状通りに開放するという条項である。

一方でUSD/JPYは0.2%安の106.44円をつけている。アジア株が下落する中、安全資産の円に対する需要が高まった。

またAUD/USDは0.3%の下落、NZD/USDは0.4%の下落となっている。

関連ニュース

最新のコメント

コメントを書く
1分待ってから再度コメントしてください。
議論
お答えください...
1分待ってから再度コメントしてください。

金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

English (USA) English (UK) English (India) English (Canada) English (Australia) English (South Africa) English (Philippines) English (Nigeria) Deutsch Español (España) Español (México) Français Italiano Nederlands Português (Portugal) Polski Português (Brasil) Русский Türkçe ‏العربية‏ Ελληνικά Svenska Suomi עברית 한국어 中文 香港 Bahasa Indonesia Bahasa Melayu ไทย Tiếng Việt हिंदी
ログアウト
本当にログアウトしますか?
いいえあり
キャンセルあり
変更を保存

+