鹿島建設のQ4のEPSは事前予想を上回る、売上は事前の予想を下回る

鹿島建設のQ4のEPSは事前予想を上回る、売上は事前の予想を下回る

Investing.com  | 2019年02月12日 16:13

鹿島建設のQ4のEPSは事前予想を上回る、売上は事前の予想を下回る

火曜日、鹿島建設が第4四半期の決算を発表。EPSに関してアナリストの事前予想を上回る結果。売上は事前の予想を下回る結果となっている。

同社の報告によると一株あたりの利益(EPS)が¥52.93、売上は¥507.44Bとなっている。Investing.comのアナリストが事前に予想していたEPSは¥51.97 、売上高は¥521.05Bとなっている。前年同期のEPSは¥31.46、売上高は¥508.73Bだった。 なお、同社の前期EPSは¥52.03で、売上高は¥480.78Bとなっていた。

今年鹿島建設株の上昇率は3.32%となっており、低調な結果で推移している。また、関連した指数である日経平均の上昇率は 6.19%だった。

鹿島建設以外の資本財/工業製品銘柄決算情報


年1月31日にTOTOが決算を発表。レポートによると同社の第4四半期EPSは¥53.28、売上高は ¥151.18Bだった。事前の予想はEPSが¥70.73、売上は¥152.64B。

他では清水建設 の決算は事前のアナリストの予想を下回った。決算は金曜日に発表されている。第4四半期EPSは¥26.69となり¥420.94Bの売上高。Investing.comアナリストの事前予想はEPSが¥30.02、売上高は¥438Bと予想していた。

Investing.comの決算カレンダーでは最新の決算情報を掲載しています。ぜひご活用ください。

※上記の単位BはBillion(10億)を表しています。

関連ニュース

最新のコメント

コメントを書く
1分待ってから再度コメントしてください。
議論
お答えください...
1分待ってから再度コメントしてください。

金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

English (USA) English (UK) English (India) English (Canada) English (Australia) English (South Africa) Deutsch Español (España) Español (México) Français Italiano Nederlands Português (Portugal) Polski Português (Brasil) Русский Türkçe ‏العربية‏ Ελληνικά Svenska Suomi עברית 한국어 中文 香港 Bahasa Indonesia Bahasa Melayu ไทย Tiếng Việt हिंदी
ログアウト
本当にログアウトしますか?
いいえあり
キャンセルあり
変更を保存

+