米国市場の株高を受けて日経平均が上昇。連休前で後場は上値が重いか

米国市場の株高を受けて日経平均が上昇。連休前で後場は上値が重いか

Investing.com  | 2019年08月09日 12:12

米国市場の株高を受けて日経平均が上昇。連休前で後場は上値が重いか

前日の米国株式市場はダウ平均が371ドル高となるなど主要3指数揃って大きく上昇した。SPXのVI(恐怖指数)は20を下回って推移しており、米国市場はいったん落ち着いたといえよう。ただし、今朝には6月末のG20で一部緩和するとされたファーウェイに対する規制を延期しているとの報道がされた。中国が米国産農産物の購入を停止したことが理由とされている。このニュースによりダウ平均先物は一時26172ドルまで下落し、米10年債利回りは1.693%まで低下した。午前11時27分時点ではそれぞれ26283ドル、1.702%まで戻している。これによりドル/円は105円台で推移していたが、106円ちょうどまで上昇している。

中国人民銀行による本日の人民元基準値は7.0136元とされ、昨日よりも元安方向に設定された。また10時30分に発表された消費者物価指数は0.4%増と予想より強く生産者物価指数は0.3%減と予想を下回った。これを受けた上海総合指数は0.24%高、ドル/人民元は0.08高となっている。韓国総合株価指数は1.23%高、ドル/ウォンは0.17%高となっている。

米国市場の上昇を好感し、日経平均株価はと0.66%高の2万729円となっている。7月25日の高値と8月6日の安値で見ると本日の高値で38.2%戻しを達成している。S&P500が50%以上の戻しとなっていることから考えると物足りないが、これは円高の影響が大きいだろう。本日は4-6月期GDPが発表され、前期比0.4%増と予想以上の強さを示しており、これは日本株の買い材料だ。後場も堅調さが続くだろうが、お盆前の週末ということもあり、上値の伸びは抑えられるだろう。

関連ニュース

最新のコメント

コメントを書く
1分待ってから再度コメントしてください。
議論
お答えください...
1分待ってから再度コメントしてください。

金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

English (USA) English (UK) English (India) English (Canada) English (Australia) English (South Africa) English (Philippines) English (Nigeria) Deutsch Español (España) Español (México) Français Italiano Nederlands Português (Portugal) Polski Português (Brasil) Русский Türkçe ‏العربية‏ Ελληνικά Svenska Suomi עברית 한국어 中文 香港 Bahasa Indonesia Bahasa Melayu ไทย Tiếng Việt हिंदी
ログアウト
本当にログアウトしますか?
いいえあり
キャンセルあり
変更を保存

+